ダイヤリー

2012(平成24)年

10月6日(土) 福山 「オエコモバ」

ホトケさんとのBLUES PRADISEツアー4日目の今日は福山のライブハウス「オエコモバ」さんです。

昼前に新神戸駅に到着し新幹線の切符を買っていると「森くーん!」と大きな声。どなたですかとそちらを見ると有山じゅんじさんでした。
東京からの帰りだそうで石田長生さんも一緒。
私たちは昨夜お通夜に行きましたが、これから憂歌団の島田さんの告別式に向かわれるそうです。
ホトケさん、有山さん、石田さん。この3人が揃うことは普段あまりないでしょう。島田さんが引き合わせて下さったんですね。

短い挨拶を済ませて新幹線に乗り一路福山へ。
到着して今回お世話になります福山の著名なギタリスト、和田玄さんに迎えに来ていただき、氏の所有されるサンセット・サウンド・スタジオへお邪魔しました。

わ〜 すごい!ズラリと並んだヴィンテージギターのコレクション(写真左上)。
でもこれほんの一部ですよ。
他にも沢山の素晴らしいギターやアンプなどを拝見させていただきました。和田さんと永井先輩、お2人ともそのコレクションの中のレスポール・スペシャルを持ってのツーショットです(写真右上)。

ご満悦の永井先輩はいつものように「これ ちょうだい ちょうだい」の連発でした。
まだまだ遊んでいたかったのですが、リハーサル時間が迫って来ました。名残惜しいですがオエコモバさんへ向かいます。

お店に着いて和田さんが用意されていた僕の似顔絵をお店の壁面に飾ってくれました。
ニューオーリンズ在住のジャッキー・木下さんという方が描かれたものだそうです。
コテツさんとホトケさんに挟まれ、デュェイン・オールマンとクラプトンの頭の上という非常にバチ当たりで贅沢な位置に飾っていただき大変光栄です(写真左下)。

さてライブのほうは最初に和田さんとサンセッツのもう1人のギタリスト、安部さんとのデュオから始まりました(写真右下)。
クラプトンの比較的新しいアルバムの中からの数曲をしっとりと演奏されました。

続いて私たちBLUES PRADISEが出演し、最後にサンセッツの皆さんと私たちのセッションです。

クラプトンのナンバーをバンド演奏でというこのコーナー。
初期のブルーズ・ブレイカーズやデレク&ザ・ドミノズ時代の曲などを楽しく演奏させていただきました。
中でもホトケさんの歌う「レイラ」はナイスでした。多分福山でしか聴けないと思います。

サンセッツ、オエコモバの皆さん、そして和田さんどうもありがとうございました。
また皆さんと会える日を楽しみにしております。

では レィィイラァ〜♪

Oct. 6, 2012

ぺけひゃく (神戸)

BLUES PARADISEツアー3日目の今日は神戸灘区の「ぺけひゃく」さんです。

リハーサルをしていると兄弟ギターデュオ、ツインズのお兄ちゃんの方の直くんがフラっとあらわれました。なんでも近所のうどん屋「な也」さんでなんと同じ日にライブらしいです。
折角ですからホトケさんと2人でツインズのリハーサルを見に行くことに。

準備中にもかかわらず厚かましくビールとおでんを注文し、弟の親くんとの演奏を楽しませていただきました(写真上)。
天井の照明が4つとそれに反射する彼らの頭が2つで「な也」のステージがいつもよりゴージャスに感じたのは私だけでしょうか。
ツインズ特やな〜。

帰ってきてお客さんは満席。
今夜は2ステージこってりとブルーズを演奏させていただきました。
皆さんどうもありがとうございました。

さて終わった後はぺけひゃくのマスター ちっちさんの奥さんのリエさんが作る料理で乾杯〜。
今回も美味しい料理をいただきました。
中でも「新レンコンとリンゴのサラダ」そして「柿の白和え」が絶品でした(写真下)。
どうもごちそうさま〜♪

Oct. 5, 2012

10月4日(木) FUZZ (堺)

2日目の今夜は堺のFUZZです。

共演はアサキチさん(写真)。
いつものようにダン・ペンやランディ・ニューマンなどの渋い選曲で素敵な歌とギターを聴かせてくれました。

途中で私が2、3曲スライドギターなどで参加し、気持ちよく弾かせていただきました。

そしてBLUES PAPADISEのアンコールではアサキチさんを呼んでホトケさんと3人でスイートホームシカゴを熱唱。

いや〜 今夜も楽しいライブになりました。
アサキチさん またご一緒しましょうね。お疲れ様でした!

Oct. 4, 2012

モジョ・ウエスト (京都)

今日からホトケさんとのユニット「BLUES PARADISE」の6連チャンライブです。
今夜は北山から祗園会館に移転したモジョ・ウエストさん。

リハーサルを終え近くの八坂神社へ参拝しました(写真左上)。
2人順番にお賽銭を投げたあと「お、森くん、恋みくじやて。引いてみるわ。」(写真右上)。
お金を払ってガラガラ ポン!おっと出たのは「吉」でした(写真左下)。
「ん〜 恋みくじやのにあんまり恋のこと書いてないやん〜」なんてブツブツいいながらも嬉しそうにおみくじを結ぶ永井先輩。(写真右下)。

夜のライブのほうも、おみくじ効果でいい感じで演奏できました。
さ 明日からも頑張りましょう。

Oct. 3, 2012

8月18日(土)、19日(日) 〜北陸〜

名古屋でのライブを終え、そのまま車で金沢へ向かい深夜にホテルにチェックイン。
ゆっくり睡眠をとって夕方に今日のライブのお店ジェラスガイへ。

ちょこっとリハーサルをして腹ごしらえに3人で「赤玉」というおでん屋さんへ行きました。
色気より食い気の瞳ちゃんは「食べれるかな〜?」なんて言いながら注文したおでんやオニギリをパクパクと食べてました。
恐るべし。

お店に戻り今夜も瞳ちゃんがソロで1ステージ目を演奏し、2ステージは3人で(写真)。
今回のライブから住友くんはポール・リード・スミスのアコースティックギターを使用しています。サウンドホールにLR・BaggsのM1ピックアップを装着してなかなか良い音です。
3人とも同じピックアップですので、まとまりがあり最後まで気持ちよく演奏出来ました。

そして明くる日3人は富山へ移動し、サマー・ナイトさんに出演しました。
そして最後はバンドセッションでステイツボロ・ブルーズを演奏して予定終了。皆さんどうもお疲れ様でした。

打ち上げは近くの居酒屋さんへ。
何年か前に来たときに食べたタコタコウインナー(写真)が忘れられずに迷わず注文。
「このタコタコ野郎!久しぶりやんけ〜」なんて心の中で話し掛けながらガブリガブリと一匹づつ味わいながらいただきました。
ビールによく合います。
幸せ♪ということでリビングウッズ&吉村瞳の北陸ツアーは無事終了いたしました。

ジェラスのチャオちゃん、中井ちゃん サマーナイトの高谷さん、ドラマーの坂巻さん、そしてお越しいただいた北陸の皆さん、いつもありがとうございます。

また皆さんとお会い出来る日を楽しみにしております。それではまた!

Aug. 20, 2012

8月17日(金) オーティス (名古屋)

7月に続きリビングウッズのサマーツアー第2弾の初日は名古屋のオーティスさんです。

1ステージ目は吉村瞳嬢がソロで、2ステージ目はその瞳ちゃんも参加してもらってトリオ・ザ・リビングウッズ?での演奏を皆さんに聴いていただきました。

演奏前の事ですが1人の若者がツカツカと歩みより「演奏中に絵を描いていいですか?」と尋ねてきました。
「へ?は、はい、どうぞ」と私。
そして演奏が始まると同時にクレヨンでシャカシャカと描き始めた若者。
最初は気になりませんでしたが段々なにやら人物らしき形になってくると「どんなんかんな〜?」とチラチラとギター弾きながら見る私(写真左)。
こういう経験は初めてですね。

で 出来上がった絵を見せてもらいました。
ジャカジャーン!おーっ、ワンダフル!
躍動感溢れる素晴らしいクレヨン画(写真右)。
今夜の3人の演奏している雰囲気がよく出ています。

若者のお名前はヨコイ君だそうです。
ヨコイ君、素敵な絵を描いてくれてどうもありがとう。
君が有名になってこの絵が高く売れたら、私たちに何か美味しいものでもご馳走して下さい。
山ちゃんの手羽先でも結構ですから。

Aug. 17, 2012

7月29日(日) 尾道ロックン・ブルーズ・フェスティバル

リビングウッズ広島ツアー2日目の今日は尾道ロックン・ブルーズ・フェスティバルに出演しました(写真上)。

場所はしまなみ交流館テアトロシェルネという大きい立派な会場です。地元のバンドの皆さんはもちろんの事、四国や九州からもたくさんの素敵なバンドの皆さんが出演されました。

リビングウッズはツアー中の吉村瞳さんと合流して3人でステージにあがりました(写真下)。
瞳嬢がリズムギターを頑張ってくれたおかげで普段出来ない住友君とのギターのハモりなども弾け非常に楽しいライブでした。

どうも皆さんお疲れ様でした。
旧友の森沢さんや吉良さんとの再会、打ち上げ時のレオスキの寿庵さんとのお話など、とても楽しい1日でした。

そして今回このイベントに呼んでいただき大変お世話になりました和田玄さん、本当にありがとうございました。
また10月尾道でのホトケさんとのライブの時にお会い出来るのを楽しみにしております。
それと、もちろんクラプトン談義も!!

Jul. 29, 2012

7月28日(土) パーカッションハウスPICO (広島)

リビングウッズ初の広島ツアーです。

1日目の今日は広島市中区にあるパーカッションハウスPICOさん。
今回お世話になった友人のギタリスト藤島秀昭さんがこんなに素敵なチケットを作ってくれました(写真左)。
お陰様でお店は超満員。

共演はCTYのみなさん。
アコースティックギター×2、ベース、パーカッションのセットでオールマンやドゥービー・ブラザーズの名曲をいい感じでプレイされました。

続いてリビングウッズが1時間ほど演奏をして予定終了。
たくさんのアンコールの拍手をいただき、最後に「リトル・マーサ」も無事に演奏することができました。

お越しいただいた皆さん本当にありがとうございました。
PICOの皆さん、どうもお世話になりました。

写真右はライブ終了後の記念撮影。
写真左から白島アキラさん。世良公則&ツイストの初代ギタリストです。アキラさんと初めて会ったのは僕が詰め襟の学生服を着ていた高校生の頃。懐かしい話に花が咲きました。
そして相棒の住友君に僕。
僕の横が今回お世話になった藤島秀ちゃんです。
その横がCTYのボーカル&ギターのクリスさん。

皆さんどうもお疲れ様でした。 秀ちゃん色々と本当にありがとうございました。
また大阪で一杯やりましょね!!

Jul. 28, 2012

ジャズカフェ「む〜ら」 (京都)

「カキコ〜ンッ!」
はい、まさにそんなギターの音が聴こえてきそうなこの画像。
ナイスですねぇ!

今夜は京都のジャズカフェ「む〜ら」さんで田中晴之さんとの完全ブルーズデュオライブです。

いつもながら素晴らしいフレーズに絶妙なトーン。
その晴ちゃんのギターを特等席で聴ける… こんな贅沢は他にはありません。

曲の間は晴ちゃんのオチのないトークに突っ込みを入れながら笑いあり涙あり?の楽しいライブでした。

お客様のたくさんの暖かい拍手。皆さんありがとうございました。晴ちゃんお疲れ様でした。
そしてマスターの北村さん、スタッフの皆さんどうもありがとうございました。

さて10月18日(木)に大阪は難波のS.O.Raで完全ブルーズデュオライブをやります。
大阪のブルーズギタリスト&ブルーズファンの皆さん、晴ちゃんのギターは必聴ですよ。
是非ともお越し下さいね!

Jul. 27, 2012

7月8日(日) ラグタイム大阪

今夜はオルガンプレイヤーの田辺敏男さんのライブで心斎橋ラグタイム大阪に出演しました。

バンドはサックスに村地博さん、ベース福栄宏之さん、そしてドラムに浅川ジュンさんというそうそうたるメンバーです。

オールマンやクルセイダーズ、ロベン・フォードなどのインストナンバーを中心にインプロビゼーションの世界を満喫させていただきました。

写真はハモンドB-3を縦横無尽に操る田辺さん。
レスリースピーカーとのコンビネーションでとにかく素晴らしい演奏&サウンドでした。

オルガンの横がちょうど僕の立ち位置だったので高度なテクニックをたくさん拝見させていただきました。
特に手をジャンケンのグーのようにして鍵盤上を滑らす「猫手奏法?」が印象的でした。

田辺さんどうもお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
こんな私でよければ又ご一緒させて下さいね。

Jul. 8, 2012

7月1日 music bar S.O.Ra (難波)

昨夜のリビングウッズに続き今夜もS.O.Raでライブです。

ハーモニカのシャコちゃん、ギターのナンツ君からなるブルーズデュオ「ダブルフラワーズ」のゲストに呼んでいただきました。
曲はジミー・ロジャースを中心にマディやリトル・ウォルターなどのチェスの代表曲、そしてナンツ君の好きなR&Bのナンバーを2ステージに分けて演奏しました。

写真は演奏後の記念撮影。お揃いのTシャツを着て応援してくれたたダブルフラワーギャルズ?に挟まれたシャコちゃんは両手に花状態でご満悦。
右端が相方のナンツ君です。

お疲れ様でした。いやー 楽しかった。シャコちゃん、ナンツ君、どうもありがとう。またご一緒させてくださいね。

Jul. 1, 2012

6月10日(日) 田中屋酒店 (大正区)

一昨日の難波屋さんに続き立呑屋さんライブシリーズ第2弾は大正の田中屋酒店さん(写真上)。
今日は新田ゆう子ちゃんとのデュオです。
彼女とは何回も田中屋さんでお世話になっていますが、今回は対バンではなくワンマンでのライブでした。

久しぶりの2ステージでしたが最後までパワフルな歌を聴かせてくれたゆう子ちゃん。
お越しいただいた皆さん全員が彼女のパフォーマンスに満足されたと思います。

どうもお疲れ様でした。写真下は演奏後のゆう子ちゃんを挟んで、いつも僕達を暖かく迎えてくださいます田中さんと奥さんです。
どうもありがとうございました。

では奥さん 私にサッポロビールの大瓶を1本下さいな。
ゴク ゴクッ ぷはー 美味い!お客さんにもらったクジラのベーコンを肴に今夜も最高♪

しかし飲んでばっかりやな〜

Jun. 10, 2012

6月8日(金) 難波屋

シーガン山下トリオ2回目のライブは前回と同じく難波屋さんからです。

雨にもかかわらずたくさんのお客さんにお越しいただきました。
今回も山ちゃん、皇甫さんの歌を2ステージたっぷりと聴いていただきました(写真上)。

始まる前も少々いただきましたがライブが終わってからのビールはまた格別。
超激安価格でおかわりも進みます。

おや? そこのカウンターで飲んでる人はもしかして… わ〜 やっぱり 藤原カオル先輩じゃないですか(笑) お久しぶりですね〜 ということでパシャ!(写真下)。
いや〜、参りました。さすが超一流ギタリスト、上方芸人も真っ青なナイスリアクション。お見事です。
終始ご機嫌なカオリーニョさん、西成の夜は今夜も楽しくゆったりと更けていきます。

Jun. 8, 2012

5月26日(土) ブラザーズ&シスターズ (春日野道)

リビング・ウッズ 今日は出演2回目となります春日野道ブラザーズ&シスターズさんにおじゃましました。

リハーサルを終えて隣の焼肉屋さんで腹ごしらえ。
七輪で焼くお肉は美味しくて値段もリーズナブル。ここイイですね。住友君も気に入った様子です。もうすぐ食べられなくなる?生レバーもしっかり食ってライブへGO。

前回は1ステージでしたが今夜は2ステージ構成。
オールマンの長尺曲もたっぷり聴いていただきました(写真上)。

そして2ステージの途中でサブライズゲストの登場。
サヴォイ・トラッフルのドラマーで住友君の盟友、高藤泰三君がコンガを叩いてくれました。演奏曲はサウスバウンド&ジェシカ。
いやぁ、楽しかった。泰三君ありがとう。またご一緒しましょうね。

写真下はマスターのマービーさんとリビングウッズのロン毛3人組ショット。
右の僕からだんだん白髪が混じり、最後は白い恋人の住友君というなかなかのグラデーション写真が撮れました。
どうもありがとうございました。また次回も宜しくお願いします。

May. 26, 2012

5月19日(土) ロウ・トラックス (天満橋)

天満橋のロウ・トラックスでスワンピータケシ君のCD発売記念ライブがありました。
題して 〜スワンピータケシが綴るルーツ音楽と移民達の魂〜。
総勢15名のミュージシャンが入れ替わり立ち替わりタケシ・ワールドを表現するために熱い演奏を繰り広げました。

使用したギターはレスポールで、アンプはお店のマーシャル。
やはりこの組み合わせは最高ですね。ロックギターの王道の組み合わせ。
なんちゃってデュアン・オールマン風のインド綿のシャツを着て機嫌よくギターを弾かせていただきました。

タケシ君ありがとう。
2枚目に続き、この3枚目のCDも僕がスライドギターなどで参加しております。
ご興味ある方は是非ともお聴き下さい。

May. 19, 2012

5月18日(金) CITY WEST (梅田)

太融寺の近くにありますバーCITY WESTさん。
今夜はイケメン若手ギタリストの芳賀まさひろ君(毎日放送の川田アナウンサーにちょい似です)がこちらで月に1回やっているブルーズナイトにゲストで呼んでいただきました。

1ステージ目は芳賀くんと僕とのデュオ。
ブルーズ以外に芳賀くんのリクエストでオールマンのエリザベスリードを、マスターの大石さんにもカホンで参加してもらい演奏しました。

そして2ステージ目は芳賀くんがホスト役になってお客さんとのセッションタイム(写真)。
皆さんが順番に芳賀くんとのセッションを心から楽しんでおられました。

そして最後に、また僕とのデュオで今夜のライブは予定終了。

フロントピックアップだけのフルアコギターで豊かで色んなトーンを奏でる芳賀くん。ナイスなギターでした。

芳賀くん 色々気を使っていただいてありがとうございました。
また機会があればご一緒しましょう。

May. 18, 2012

5月3日(木・祝) 漫画屋 (泉佐野)

ホトケさんとのツアー3日目の今日は泉佐野の漫画屋さんでのライブです。

朝にホテルまで泉佐野のギタリストのナンツ君に車で迎えに来てもらい、3人でランチを食べに行きました。
場所は泉佐野に行くまでの尾崎というところにあるu-beというパン屋さんです。

泉佐野ブルーズコミュニティーの中のお一人、佛願 義典さんが奥さんと一緒にやっておられるお店で奥さんが美味しいパンを焼いておられます。
僕たち3人が注文したのはランチプレート(写真上)。
これにパンが付いています。そして白ワインで乾杯。
ん〜っ、美味しい!お店も解放感があって気持ちがいいです。
祝日の昼下がりゆったりとさせていただきました。

では帰る前に記念撮影を(写真下)。
右からナンツ君、佛願夫妻、そして明日の朝に食べるパンを選びつつポーズをとる永井先輩、お茶目度高し。佛願さん、奥さん どうもありがとうございました。ワインご馳走さまでした。

では漫画屋さんに行って今日も頑張ってきます♪

May. 3, 2012

5月2日(水) オールドタイム (和歌山)

今日は和歌山オールドタイムです。

ホトケさんと難波で待ち合わせて551の蓬莱新川店でお昼ご飯。
二人が注文したのは名物「海鮮あんかけ焼そば」です(写真左上)。炒めたソバの上にエビ、イカ、貝柱などの魚介類が入ったアンがかかっていてなかなかのものです。
「うん、うまいわ」とホトケさん。
カメラを向けると反射的に海老をつまんでハイ、ポーズ(写真右上)。しかし永井先輩、目ヂカラがありません。 お疲れのところすいませんでした。

さて食べた後は南海電車で一路和歌山へ。
今夜の共演はブルーズバンドのタフタイムさんとスライドギターで弾き語りのホーボー・ヌキナさんのお二組です。
写真左下はそのヌキナさん。
十数年前に僕のホームタウン富田林に遥々演奏に来られたので存じ上げておりました。

ライブをやりながら和歌山市汐見町でHOBO'Sというバーもやっておられますので、ご興味あるかたは是非とも足をお運び下さい。

あらら、ホトケさんそのヌキナさんの1930年代のナショナル リゾネーターを弾いて気に入られたみたいですね。
「どう森くん、似合う?」と訴えかけるような目(写真右下)。
ダメですよホトケさん。
とてもちょうだいできるような代物じゃございません。
あきらめて和歌山ラーメン食って早くホテルに帰りましょ〜。

May. 2, 2012

5月1日(火) シカゴロック (天満宮)

天満宮のすぐ前にあります繁昌亭(写真上)。
一度寄席というところに行ってみたいとは思うのですが未だ入ったことはありません。
今日は僕が大好きだった桂吉朝さんのお弟子さんの桂吉弥さんが出演されてるようです。

さてここからすぐのところに今夜のライブのお店シカゴロックがあります。

ホトケさんとリハーサルをササッと済ませて向かいにあるもつ鍋屋さんの珍竹さんで腹ごしらえ。
ごて焼き(鶏肉の炭火焼き)ともつ鍋で「おいしいわ 森くん」とご満悦の永井先輩(写真中)。

今夜のライブは2ステージでゆったりと皆さんに聴いていただきました。

写真下は脳幹出血で生死をさまよい見事復活されましたマスターの塩山さんです。
しかしライブが終わってからブルーズとはなんの関係もない女性の悶え声の入った変なレコードをかけていたのでちょっと脳の状態が心配です。
大丈夫ですか塩山さん?

May. 1, 2012

4月28日(土) music bar S.O.Ra (難波)

今回の「ホトケのブルーズ講座」は女性ブルーズシンガー特集です。
ベッシー・スミスやシスター・ロゼッタ・サープその他の貴重な画像や映像を皆さんにご覧いただきながら、その人達の代表曲などをホトケさんと僕の演奏で聴いていただきました。

今回の講座だけでは時間が足らないとおっしゃってましたので、永井先輩またの機会に女性ブルーズシンガーの続編をされる予定です。

写真は2人の使用ギター。
右が僕のレスポール、左がホトケさんのテレキャスター。
塩次さんが使用していたフロントにミニハムが付いた70年代の物です。今回も素晴らしい音色で弾いておられました。

Apr. 28, 2012

4月24日(火) RAW TRACKS (天満橋)

天満橋のロウ・トラックスでゴールドトップワールドツアー(これバンド名です)さんのライヴがあり、ゲストでスライドギターをちょこっと演奏してきました。

いつも変わらず骨太サザンロックスタイルのゴールドトップワールドツアーの皆さん(写真)。

真ん中でギブソンSGを弾いていますリーダーの津田雅史さんとは30年来の付き合いで年に2回ほどこうしてゲストで呼んでもらってます。

いつも気を使って頂いて本当に感謝しております。ありがとう。
骨細のこんな私で良かったらいつでもお声をかけて下さいね。

Apr. 24, 2012

4月23日(月) 難波屋 (萩ノ茶屋)

昨日に続き西村ヒロさんとのライヴは所変わって萩ノ茶屋にあります難波屋さんです。

僕は2回目でヒロさんは初めての出演。

場所が西成のディープなところにあるので昨夜よりもブルーズを多めに演奏しました(写真)。
これが効を奏してお客さんのノリが非常に良く後半は踊り出す御婦人もおられました。
そうです、ブルーズはダンスミュージックなのですよ。

お越しいただいた皆さんどうもありがとうございました。
ヒロさんお疲れ様でした。
またご一緒に演奏出来る日を楽しみにしております。

Apr. 23, 2012

4月22日(日) ダッチ (昭和町)

昭和町のダッチさんに去年の暮れ以来久しぶりに西村ヒロさんと出演しました。

前回はチェロの珠希真利さんが参加してましたが、今回はヒロさんと2人でブルーズを中心にお越し頂いた皆さんに聴いていただきました。

ライヴ後の写真は左からヒロさん、オーナーで濃〜い顔のジュンちゃん、そして僕。
後ろに写ってるお調子者のお嬢さんは以前ダッチでバイトをしていた宮崎県出身の20歳の女の子で、今からクラブに行くのだと終始ハイテンションでした。
行ってらっしゃい気をつけて。

Apr. 22, 2012

4月14日(土) 壱服庵 (西宮)

長らく営業されていました大人の隠れ家「壱服庵」(写真)が諸事情により今月末をもって閉店されることになりました。

毎月演奏しておりました庵主の滝本さんとのユニット「ダディボーイズクラブ」。
壱服庵でのライブはこの日で最後という事でたくさんのお客様にお越しいただきました。

皆さんありがとうございました。
今後は違う場所で「ニュー壱服庵」(仮称)を営業されますので、わかり次第アップさせていただきます。

来月のダディボーイズクラブのライブはJR甲子園駅にありますダートマスでやります。
詳しくはスケジュール欄を御覧下さい。

Apr. 14, 2012

4月7日(土) 森俊樹 ライブ・アット 富田林

今回は地元のダイニング・バー タマランさんにお邪魔しまして久しぶりのソロ・ライブ。

ブルーズを中心に十数曲を聴いていただきました。
ゲストにはギタリストの松田ゆうき君(写真)。的確なギタープレイで安心して気持ちよく歌うことが出来ました。彼はライブ活動は勿論の事、自身のギタースクールも開いていてタマランでも教えています。

松田君お疲れ様でした。どうもありがとう。また一緒にライブ出来る日を楽しみにしていますね♪

Apr. 7, 2012

3月25日(日) アナザードリーム (千日前)

またまたバー タコタコキングのエベちゃんがやってくれました。
題して 〜江部拳徳プレゼンツ〜「ソウル バカ一代」。

年末恒例の全曲ボビーブランドを歌うイベントとはまた別で、JBからサザンソウルまで幅広くソウルを聴いていただきいという今回のライブ。

ここアナザードリームはそんなエベちゃんの気持ちに応えて下さったお客さんで大入り満員です。

エベちゃんもバックを務める僕たちも自然と力が入り観客と一体となって気持ちよく演奏することが出来ました(写真)。

良かったね エベちゃん!

Mar. 25, 2012

3月20日 ぺけひゃく (水道筋)

朝に京都のホテルをチェックアウトしホトケさんと京都駅の地下街にあるイノダコーヒーでの〜んびりとランチ。
その後JRで神戸まで行き、ホテルにチェックインして夕方に水道筋にある「ぺけひゃく」さんへ。
去年の春以来約1年ぶりのライヴです。

オーナーのちっちさんにお話を聞くと以前はお昼のみのカフェだったのが今年から営業時間を変更され、現在は夜からのバー営業だそうです。
お店もそれ風にアレンジされ(写真左上)、ステージも間口が広くなりムード満点(写真右上)。

そして今夜もここで皆さんにディープなブルーズを2ステージたっぷり聴いていただきました。
お越しいただいた皆さんどうもありがとうございました。

さて、ライヴで楽しんだ後にまたまた楽しみな事が。

そうです、奥さんのリエさんが作る美味しいお料理です。
大きなエビのお造りにフワフワのだし巻き、そして小鉢で出てきたものは…。

僕:「ちっちさん、なにこれ?」
ちっちさん:「のれそれ」
僕:「え?なにそれ?」
ちっちさん:「だから のれそれ」。

ん〜っ、まるで漫才の いとし こいし師匠のような問答になりましたが、この「のれそれ」の正体、実はアナゴの稚魚だそうです(写真左下)。
いや〜 お酒にバッチリ。とても美味でした。
永井先輩も「森くん、美味しいわ。これ最高、グッ♪」と満点のサインを出されご満悦。

ホトケさんとの3日間のツアー、最後の神戸も楽しい夜になりました。

ありがとうございました、ぺけひゃくの皆さん!!

Mar. 20, 2012

3月19日 Mojo West (京都)

京都は北山にあるライヴハウス Mojo Westさん。

以前ホトケさんと出演したのは確か8、9年前だと思います。

今夜は女性ボーカリスト、キャロラインさんのバンドがオープニングを飾ってくれました(写真上)。

2部は私たちのデュオ。
ビミョーに絡み付くシカゴスタイルの2本のギター。
今夜もホトケさんは素晴らしい歌とギターです。

後半ジミー・ロジャースの「That's Allright」を演奏中に前列のテーブルでホトケさんに合わせて歌を口ずさんでいる若者がいました。終わってからその若者に話しかけホトケさんと記念撮影(写真下)。20歳のイケメンブルーズマンです。
でも友達にはブルーズなんかダサいから止めろと言われてるそうです。周りがなんと言おうと自分を信じ、永井先輩のようにこれからもブルーズ道をぶれずに真っ直ぐ歩んで下さいね。

Mar. 19, 2012

3月18日(日) 茨木

ホトケさんとの今年初めてのライブ初日の今日は茨木にお住まいの橋本健二さんの建築設計事務所におじゃましました。(写真左上)
明治時代に立てられた木造校舎で、茨木小学校として昭和30年代まで使われていたものを移築されたそうです。
一部を改装してオフィスとされ、広いスペースを利用して、美術展・ライブなどもされておられるそうです(写真右上)。
近々ここも移転されるということで最後の記念ライブにとお声をかけていただきました。

そのライブですが気温が低く雨にもかかわらずたくさんのお客さんにお越しいただきました。

今回ホトケさんと僕はアコースティックギターを使用。いつもとは少し違った感じで皆さんに楽しんでいただけたと思います。
どうもありがとうございました。

写真左下のホトケさんと美しい女性を挟んで右端に写っておられるのが橋本さんです。同年代のロン毛&ベルボトムジーンズを履いている方には非常に親近感を覚えます。ナイスですね。
どうもお世話になりました。

最後の写真は橋本さん所有のキャデラック(写真右下)。
最初この車に乗って茨木駅まで迎えに来ていただきました。やはりブルーズマンにはキャデラックですよね。永井先輩もご満悦。粋な演出ありがとうございました。

Mar. 18, 2012

3月16日(金) music bar S.O.Ra (難波)

リビングウッズ今年2度目のライブがここS.O.Raでありました。

今回は再々結成時代の曲を2曲演奏しました。
ハウリンウルフ作の「MIDNIGHT BLUES」を僕が、そして住友君がウォーレン・ヘインズ作の「SOUL SHINE」をそれぞれ歌い少しだけいつもと違うリビングウッズを皆さんに聴いていただきました(写真上)。

では今回の使用ギターをご紹介しましょう。
写真下の左からギブソンL-00、リパブリック社のミニオリアン、そして住友君の赤ゴダンです。

今回ミニオリアンのビスケットブリッジにカナダschatten製のピエゾピックアップを装着してみました。
実際あらゆる意味でライブで使用できるのか心配でしたがミキサー卓にも十分なゲインを送れ、ギターとの相性もよく、なかなかナチュラルな音で安心しました。
これからのリビングウッズのライブで貴重な戦力になりそうです。

次回のリビングウッズのライブは5月26日(土)春日野道(神戸)ブラザーズ&シスターズ、6月30日(土)難波S.O.Raです。

それと住友君のバンド、サヴォイ・トラッフルのライブが4月1日(日)にアメ村ビッグキャットであります。
そちらのほうも皆さん宜しくお願いします。

Mar. 16, 2012

3月9日(金) シーガン山下トリオ初ライブ at 難波屋

今日はシーガン山下さん、皇甫純圭さんとのトリオユニットで西成は萩ノ茶屋にある呑み屋の難波屋さんにおじゃましました。

生ビール中250円、玉子焼き100円、そして芋焼酎ロックを中ジョッキーに入れてなんと300円!。1,000円もあればヘベレケ状態になるのではないかという超リーズナブルなこのお店。
たくさんのお客さんで賑わっています。入口から立ち飲みスペースの後ろを両腕を前後に半身になりながら「ちょっとすんませ〜ん」と横歩きをして進んで行くと奥にこじんまりとしたライブスペースがあります。

ここでシーガン山下さんのオリジナル曲を中心にアコースティックで演奏しました(写真)。

山ちゃんの圧倒的な歌にお客さんも大変満足そうです。
途中で皇甫さんも2曲ほどリードをとり大いに盛り上げてくれました。

初ライブでしたが想像以上によい演奏ができたように思います。
このユニットは大事にしていきたいですね。

お越しいただいた皆さんありがとうございました。
PAのヨッシーもありがとう。

ということで次回のシーガン山下トリオ at 難波屋の日にちが早くも決まりました。
6月8日の金曜日です。皆さん是非ともお越し下さいね。

Mar. 9, 2012

3月8日(木)

今夜は千日前アナザードリームできたむらいずみさんのセカンドCD「IZUMI」発売記念ライブがありました。

ボーカルのいずみさん、バンドリーダーでアコースティックギターの奥沢明雄さん、ペダルスティールの尾崎孝さん、フィドルの大矢貞男さん、バンジョーの有田純弘さん、マンドリンの竹内信次さん、ピアノの宇戸俊秀さん、ベースの渡辺茂さん、そしてドラムの高橋結子さん、そして僕という総勢11人の大所帯。
皆さん素晴らしく、そして最高のミュージシャンでした。

写真上はファーストステージ・アコースティックセットのリハーサル風景。なぜか一人だけカメラ目線は有田さん。

写真中は楽屋にぽつんと一人でセカンドステージ・エレクトリックセットの出番待ちの大御所尾崎さん。
ちょっとお茶目な感じがよかですね。

そしてアンコールでのいずみさんと奥沢さん(写真下)。

たくさんのお客さんがお越しになり今夜のCD発売記念ライブは大盛況のうちに幕が閉じました。

皆さんどうもありがとうございました。
そしてバンドのメンバーの皆さん、オン、オフステージ共に暖かく接していただきありがとうございました。
お陰様で最高に楽しくギターを弾くことができました。

そしていずみさん、奥沢さん。
本当にありがとうございました。
また皆さんに会える日を楽しみにしております。
本当に最高のライブでした!

Mar. 8, 2012

2月26日(日) 音音 (難波)

2012年ミニトマト初のライヴです。

場所はボーカル後藤京子ちゃんのお店の音音(ネオン)。
僕のギター教室のレッスンでもお世話になっている所です。

ベースの三原こうすけ君とのトリオ編成。

今夜も京ちゃんが数曲アコースティックギターを弾き、大いに盛り上げてくれました(写真)。

この3人とドラムの浅川ジュンさん、パーカッションの備瀬益男さん、オルガンの信原真治君のフルメンバーによるホットトマトのライヴが4月15日に決定。
場所は高麗橋にある麺点心酒家ペギー・スーです。

Feb. 26, 2012

2月25日(土) バッカーノ (上六)

新田裕子ちゃんと上六にあるバー「バッカーノ」さんに初めてライブ出演してきました。
共演は「さーちゃん&どら〜ず」の皆さん。
寒い日にもかかわらずたくさんのお客さんが来られました。

さーちゃん&どら〜ずの楽しい演奏が終わって次は僕たちです(写真)。
この画像では2人横並びではなくボブスレーのように縦並びのように見えますが実際も縦並びです。
セッティングの関係上こういう風な座り位置になってしまったのです。
な〜んか変な感じでしたが演奏のほうはバツグン。

裕子どんの歌もナイスでたくさんの拍手をいただきました。

これからのライヴは縦並びが流行るかもしれません。

次の裕子どんとのライヴは6月10日大正の田中酒店です。
興味あるかたは是非ともお越し下さい!

Feb. 25, 2012

2月17日(金) S.O.Ra

いいですねぇ、この笑顔(写真左)。

今日はS.O.Raで僕のリスペクトしているギタリスト、田中晴之さんとの完全ブルーズギターデュオライヴです。

京都では3回ほどやっていますが、大阪では初めて。
晴ちゃんとのギターデュオはいつも楽しく新しい発見でいっぱいです。

右の写真はその絶妙なトーンを奏でる晴ちゃんの愛器、ギブソンES-335です。
1967年製ということですから、45年前のヴィンテージギターですね。
このギターも極上のヴィンテージレスポールと一緒でフロントとリヤのピックアップのトーン差をあまり感じさせない素晴らしいギターです。

晴ちゃん これからも末長くこのギターで僕と会話して遊んで下さいね。
宜しくお願いします。

Feb. 17, 2012

2月5日(日)

今日は以前からお世話になっています京都のジャズカフェ「む〜ら」さんの六周年記念ということで僕もスベシャルライヴに参加させていただきました。

夕方から始まったこのイベントにはたくさんのミュージシャンがお祝いに駆けつけ素晴らしいパフォーマンスを繰り広げました。

写真はその時の1場面。
ギターを持って歌っているのはカサスリム君、後ろにはサックスの小松の竜ちゃん、そして両側にツインズの小竹兄弟。

店内は暗かったのでフラッシュ無しでうまく写真が撮れるか心配でしたが彼らの頭の輝きのお陰でナイスショットになりました。

マスターの北村さん 六周年どうもおめでとうございます。
これからもずっとこの素晴らしいお店を続けていって下さいね。
本日はどうもありがとうございました。

Feb. 5, 2012

1月14日(土) ブラザーズ&シスターズ

リビングウッズ初の神戸方面ライヴは春日野道駅高架下にあるブラザーズ&シスターズさん。
オールマンのカバー曲がレパートリーの我々リビングウッズとしてはドンピシャな名前のお店です。
このお店を紹介してくれた女流スライドギタリストの吉村瞳嬢をゲストに迎え新年第2弾のライヴです。

初対面のマスターのマービーさんにご挨拶して軽くリハーサル。
そしてパーカッションの小笠原ともこ嬢も一緒に4人で腹ごしらえに春日野道商店街のはずれのお好み焼き屋さん「ときちゃん」へ行きました。
年配のご夫婦が切り盛りされているこのお店、巷では美味しいと評判のようです。注文するとご主人が奥の鉄板台で焼き、僕たちの座っている鉄板テーブルへ奥さんが持ってきてくれました。
はい、これが「ときちゃん」のお好み焼きです(写真)。
みんなコテでギコギコ切りながらアツアツを口の中へ。
うん、美味しい!キャベツよりもメリケン粉の配分が多い昔懐かしい味です。
値段もリーズナブルで僕が食べたイカ玉で500円でした。

ライヴのほうは2部構成。
最初に瞳ちゃんと小笠原さんのセット(写真)。
ワイゼンボーンやリゾネーターギターを駆使したスライド奏法を聴かせる瞳ちゃんとモダン焼きパワー全開の小笠原さん。

2人の熱い演奏が終わったあとに僕たちリビングウッズのセットです(写真)。
今回住友君はダンエレクトロのギターをスライド用に使用しました。写真の彼のちょうど後ろに掛かっているのがそれです。
渋い色でピックアップが1つしかついていない潔いギターです。音のほうもシンプルでイイ意味でチープでイナタい音色でした。スライドギターにはバッチリの相性です。

リビングウッズの神戸での初ライブは無事終了。
また5月26日にマービーさんのご厚意で今度はワンマンで出演させていただきますので神戸方面のみなさんは是非お越し下さいね。

Jan. 14, 2012

2012年1月1日(日) カウントダウンライヴ at S.O.Ra

年が明けてからはリビングウッズの演奏です。
新年初めてのライヴ。
相棒の住友君そしてパーカッションの太郎君共々みなさん今年も宜しくお願いします。

そして最後はS.O.Raでマンスリーライヴを続けている浦 朋恵バンドです。
今夜も豪快にバリトンサックスを吹く浦ちゃん(写真上)。
バンドのほうも太郎ちゃんがドラムを叩き、ギターの楠見君も 顔で弾く?ソロが絶妙で大盛況でした。

最後にいつもリビングウッズを見に来ていただいてるS・J嬢が客席に置いていたバッグがあまりにもファンキーだったのでご紹介しましょう。
このイガイガリュック(写真下)愛称は「ツノラー」というそうです。
なんでもこのリュックを持ってると幸運に恵まれるとのこと。
皆さんもリビングウッズのライヴに来られるとツノラーのありがた〜い御利益があるかもしれません。

Jan. 1, 2012