ダイヤリー

2014(平成26)年

2014年12月24日、25日 〜リビングウッズ クリスマス・スペシャルライブ〜

12月恒例の永井ホトケ隆さんをゲストにお呼びしてのリビングウッズ・スペシャルライブ。
今回は24日のイブにエレクトリック、25日のクリスマスにアコースティック・ライブと2デイズで楽しんでいただきました。

今回もホトケさんにはオールマンのブルーズナンバーはもちろんのこと「Black Hearted Woman」や「Hoochie Coochie Man」を初めてエレクトリックバンドバージョンで熱唱していただきました(写真)。
予想通り圧巻でしたわ。ホトケさん、また来年暮れも宜しくお願いします。

Jan. 20, 2015

秋のブルーズ・パラダイス ツアー (11月19日〜24日)

永井ホトケ隆さんとのユニット『ブルーズ・パラダイス』。
今回も「S.O.Ra」のブルーズ講座を皮切りに大阪、神戸、高砂とツアーをしてきました。

今回のブルーズ講座のテーマは『ブルーズ・スライドギターの魅力』。
僕もそうですがホトケさんも御自身でスライドを弾かれて、皆さんにスライドギターの素晴らしさやそれにまつわるたくさんのお話を絶妙なトークと演奏で楽しんでいただきました。

写真はツアーも終盤、泉佐野「漫画屋」さんでのショットです。今回も大いに盛り上がりました。皆さんいつもありがとうございます。また春にお会いしましょう。

Jan. 16, 2015

リビングウッズ 広島・九州ツアー (11月1日〜3日)

9月の東北ツアーに続き、広島そしてリビングウッズ初の九州ツアーに行ってきました。
九州は博多にあります「S.O.Ra福岡店」、そして「佐賀ミュージックフェステバル」に出演。

広島は2回目で、今回も友人のギタリスト藤島秀昭さんにお招きいただき「パーカッションハウスPICO」さんで楽しく演奏させていただきました。写真は打ち上げ後に老舗のバー「ジュゲム」さんでのショットです。
ママさんのルーシーさんを挟んで後ろにはお世話になりました清水さん。そして向かって右は今回も御一緒させていただきましたCTY-Yのギターの高本さんです。
皆さんどうもありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。

Jan. 16, 2015

永井ホトケ隆ニューアルバムのお知らせです!

永井ホトケ隆さんがずっとやっておられますブルーズ・ラジオ番組の7周年記念アルバムが今回リリースされました。
監修、解説、選曲すべてを御自身がやっておられます。
価格も2,000円で歌詞カードも付いて・・・とブルーズ初心者の方にも入りやすいようにされておられます。
11月19日(水)の難波S.O.Ra.でのブルーズ講座の時に即売される予定です。
勿論レコード屋さんでも売っておりますので、皆さんなにとぞよろしくお願いします。

以下はアルバムの詳細です。

『永井“ホトケ”隆のブルースパワー・ラジオ・アワー / HOTOKE'S BLUES POWER RADIO HOUR』
P-VINE RECORDS PCD-20346
定価:¥2,000 + 税
監修・選曲・解説・DJ:永井“ホトケ”隆
歌詞カード付
2014年10月8日発売

聴けば絶対ブルースが好きになる!
★70年代にウエスト・ロード・ブルース・バンドでデビュー以来、現在のブルーズ・ザ・ブッチャーに至るまで第一線で活動を続けてきた日本屈指のブルースマン、永井“ホトケ”隆。彼がDJを務めるラジオ番組〈ブルースパワー〉の7周年を記念したスペシャル・コンピレーション!
★各曲前にホトケによるDJトークを収録して実際のラジオ番組を再現!ブルースに造詣が深い彼が監修、選曲、ライナーノーツで楽曲やアーティストについて解説したブルース入門者にも楽しめる一枚!

【収録アーティスト】B.B. キング、オーティス・ラッシュ、エルモア・ジェイムズ、ハウリン・ウルフ、ライトニン・ホプキンス、マジック・サム、ジョン・リー・フッカー、Tボーン・ウォーカー、ローウェル・フルスン、ブラインド・レモン・ジェファスン、ジュニア・ウェルズ、ザ・ブルーズパワー、ブルーズ・ザ・ブッチャー、J.B.ルノアー、ピート・ジョンスン、リトル・ブラザー・モンゴメリー、ピート・ジョンスン、ウィルバート・ハリスン

1. I BELIEVE : THE BLUES POWER 4:50
2. DJ Talk about “Mojo Hand” 1:05
3. MOJO HAND : LIGHTNIN' HOPKINS 3:05
4. DJ Talk about “Riding In The Moonlight” 0:53
5. RIDING IN THE MOONLIGHT : HOWLIN' WOLF 3:08
6. DJ Talk about “Roll ‘N’ Roll” 0:55
7. ROLL 'N' ROLL : JOHN LEE HOOKER 2:42
8. DJ Talk about “Keep On Drinkin’” 0:45
9. KEEP ON DRINKIN' : LITTLE BROTHER MONTGOMERY 3:09
10. DJ Talk about “Swingin’ The Boogie” 0:58
11. SWINGIN' THE BOOGIE (SUNSET ROMP) : PETE JOHNSON 2:53
12. DJ Talk about “Hey Hey Baby” 0:44
13. HEY HEY BABY : T-BONE WALKER 2:26
14. DJ Talk about “Blue Shadows” 1:08
15. BLUE SHADOWS : B.B. KING 3:48
16. DJ Talk about “Talkin’ Woman” 1:05
17. TALKIN' WOMAN : LOWELL FULSON 2:32
18. DJ Talk about “Match Box Blues” 0:53
19. MATCH BOX BLUES : BLIND LEMON JEFFERSON 3:02
20. DJ Talk about “The Sky Is Crying” 0:52
21. THE SKY IS CRYING : ELMORE JAMES 2:51
22. DJ Talk about “Little By Little” 0:35
23. LITTLE BY LITTLE : JUNIOR WELLS 2:36
24. DJ Talk about “Easy Baby” 0:50
25. EASY BABY : MAGIC SAM 2:47
26. DJ Talk about “I Can’t Quit You Baby” 1:01
27. I CAN'T QUIT YOU BABY : OTIS RUSH 3:09
28. DJ Talk about “I Feel So Good” 0:38
29. I FEEL SO GOOD : J.B. LENOIR 2:18
30. DJ Talk about “Kansas City” 0:39
31. KANSAS CITY : WILBERT HARRISON 2:30
32. VOODOO MUSIC : blues.the-butcher-590213 4:47

Oct. 24, 2014

ついに憧れのバーストをゲット!!

トップ材に鮮やかなトラ目をセレクトしたギブソン・カスタムショップ・ヒストリックコレクションのレフトハンド58モデルをついにゲットしました。

2013年から仕様変更され、よりヴィンテージに近づいたヒスコレらしいのですが、2014年のこのモデルは指板の接着もニカワとなり、よりオリジナルに忠実な仕様となっているそうです。
私そんなん全然知りませんでした。
なんでもニカワというのは木に浸透し、ボンドのように接着面に層が出来ないらしくて良いそうです。そのためか音質もタイトで抜けが良く、フロントもリアピックアップもクリアで艶のある極上のトーンです。
正直、今まで弾いてきたギターの中で一番いい音してます。
色はスロー アイスティー フェイドという退色したサンバーストです。昔オールマンズのディッキー・ベッツが弾いていた赤いレスポールによく似た感じで、色も気にいってます。

やっぱりレスポールは最高!
いいギターに廻り合いました。
まさに一生ものです!

Oct. 24, 2014<

リビングウッズ初の東京ライヴ

3月4日と5日の2日間東京は高円寺にあります老舗ライヴハウスのJIROKICHIさんに出演しました。
題して【An Evening with Living Woods】。

今回は小田和正さんや加山雄三さんのところでギターを弾かれ活躍されておられます、稲葉正裕さんにお招きいただき、念願のリビングウッズ東京ライヴが実現しました。
メンバーは稲葉さんの他にベースは山崎洋さん、そしてドラムにはあの四人囃子の岡井大二さんに叩いていただきました。そしてゲストに永井ホトケ隆さんという最高のラインナップでオールマンの名曲を楽しく演奏し聴いていただきました。

お越しいただいた皆さんどうもありがとうございました。
メンバーの皆さんお疲れ様でした。
稲葉さん色々と本当にありがとうございました。また来年ご一緒させて下さいね♪

May. 20, 2014

ギブソンSGをチューンアップ

今日は以前から気になっていたギブソンSGのチューニングの狂いを解消するためにクルーソンの代理店をしておられますゼンブ・ジャパンさんにおじゃましました。社長の井上さんはベーシストとしても多方面で活躍されておられるナイスガイな方です。

ゴトー製のヴィンテージタイプの糸巻きを以前に相棒の住友君から貰っていたので、今回はそれを持ち込ませていただきました。
早速スタッフの方に新しい糸巻きをつけるためのクルーソン製コンバージョンブッシュにとり替えていただきました。仕上がりはグッド(写真上)。手前の元の糸巻きの六角ナット止めのブッシュと比べてルックスが格段によくなり、チューニングの狂いも解消されました。
そしてテイルピースも井上さんのご厚意でクルーソン製のライトウェイトテイルピースに交換していただき大感激(写真中)。重さはなんと34g!手前の元のテイルピースの半分の重さです。アンプに繋いで鳴らしてみたところ、音がふくよかになりました。なんでも倍音が増えるとのことです。
そしてゼンブジャパンさんが取り扱っておられるラベラのエレキとアコースティックの弦を提供していただきました(写真下)。3月にリビングウッズで東京に行きますのでそのときに使用させていただき、また感想をダイアリーにアップします。
ゼンブ・ジャパンの井上さん、そしてスタッフの皆さんありがとうございました!

ゼンブ・ジャパン http://www.zenbu-jp.com/

Mar. 7, 2014